福祉牛環境の合格率

福祉牛環境の合格率について

福祉住環境の各級の合格率

各級によって合格率が変わって来ます。試験には年齢制限や学歴などの必要事項がないため幅広い男女の方々が受験しております。その中には、建築関係の会社に勤めている方もいます。その知識を生かして助言している方も多いです。福祉関係の方もいます。特に最初に受験するのは3級です。もっとも基本的な事項が多く入門的な問題が多いです。例年合格率は40%から60%前後です。しかし、現場で実践に使用するには2級を取得して欲しいです。住環境のアドバイスは、応用が必要な部分が多いからです。福祉の現場は、日々動進化しております。そのため、勉強して努力を怠らないで欲しいです。

福祉を考える上で住環境は大切

福祉を考える上で住環境はかなり大切です。身体障害者が分かりやすい例ですが、車椅子を利用している人だと段差を考えないといけません。また視覚障害者の場合だと点字ブロックなどの設置を考える必要があります。身体障害者以外でも発達障害者の人の福祉を考える上で、住環境が大切になります。発達障害者は様々な物に興味が映るため、不必要なものをなくす必要があります。また具体的な文字や絵を用いて場所を明示する必要があります。そうしないとどうしたら良いか分からなくなり、ひどいパニック状態となる可能性が非常に高くなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉のある住環境について All rights reserved