福祉住環境の資格

福祉住環境の資格とは

福祉住環境に関わる資格を取得

病気、障害、加齢などを理由に、身体を動かすことに不自由を感じている方がいらっしゃいます。そんな方々のお役に立ちたいと願う方にピッタリの検定があります。「福祉住環境コーディネーター」です。医療や建築などに関して、体系的に幅広い知識を習得することができる資格です。検定試験に合格した方は、専門家と連携を図り、依頼された方に最も良いと思われる、住宅の改修プランの提供を行うことが主な仕事となります。依頼者に最適な住まい環境を実現しなくてはなりません。その役割を果たすためには、色々な分野の専門家と交渉し、調整することが可能となる、総合的な知識が必要不可欠です。現在の高齢化社会の日本では、高齢の方を意識したビジネス環境へと移行しつつあります。福祉住環境コーディネーターの資格取得者のニーズも高まっています。

福祉と住環境の関わりは?

福祉の考え方は、高齢者や障害を持った人が、その人らしく過ごせるように援助するということです。そこで必要なことが、その人たちがいきいきと生活できる住環境を整えるということです。医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身に着けたコーディネーターが、各分野の専門家と連携し、クライアントに適切な住宅改修プランを提案することが求められています。長年住み慣れた家でも、健康状態や障害の程度により、今までと同じように生活するために必要とされるものは千差万別です。したがって、要望を的確に把握し、各専門家の意見に耳を傾け、最善の住環境を整えることが必要となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉のある住環境について All rights reserved