福祉住環境の資格試験

福祉住環境の資格試験とは

福祉住環境の資格試験の合格には

福祉関係の資格で、建築関係と密接に関わっている資格があります。それを取得する事により住宅に手すりを取り付けしたり和式便器を洋式便器に変更工事を行った時に、かかる費用の助成金申請時の助言やどの部分を工事したら良いかなど、素人の方は住環境について詳しくない方が多いです。助言により専門家目線で工事の指示を頂けます。その様な知識を蓄える様にい意識して欲しいです。そのためにも、助言をする前に勉強が必要となっていきます。その後に試験を受験して頂き自分の力を試してもらい、合格したらその力を多いに福祉の現場で活用して頂きたいです。

人々の暮らしを豊かにする住環境

福祉とは、人々が平等に受ける事が出来る生活環境を言います。そのために必要な要素の一つとは、医療や教育などの活動の充実が挙げられる。特に高齢者社会の現在はその方々が生活する施設の環境も自ずと充実していかないといけない。それに伴い住環境の整備も平行で進めて欲しい要素です。床をバリアフリーに改修したり、毎日使う水回りは特に整備する必要があります。昔の住宅は和式のトイレが多いです。それを洋式トイレに交換するだけで立ち座りの動作が楽です。費用面に関しても申請すれば助成金の対象になる事例もあります。この様な、小さな行動や考えで身の回りの福祉を充実させる事が出来るのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉のある住環境について All rights reserved